戦いは激化を増し、時に死という別れが立ちはだかる

動き出した歯車は止まることを知らないまま時を着々と刻んでいくように、不戦の約定が過去の遺物となったことで伊賀勢は甲賀へと攻撃を仕掛けていくことになります。明らかに様子がおかしいことに甲賀十人衆たちも様子を探ろうと伊賀の里に使いを出すなどしたが、どうしても確信とも言える情報を入手することが出来ないまま無駄に時間が過ぎていくことになり、やがて十人衆が一人で左衛門の実の妹でもある『お胡夷』が伊賀へと向かって戻らなくなってしまうという事態になります。ここでようやく弾正と弦之介が戻らない中で不戦の約定が解かれたのではと気付いた『室賀豹馬』は情報を探るべく動き出すのです。この間にも甲賀十人衆の『地虫十兵衛』・『風待将監』・『鵜殿丈助』が仲間達に知られることなく命を落としていました。

そうして物語が中盤にまで差し掛かっていくことになるのですが、そんなキャラクター達の中でも特にピックアップしておきたいキャラがいるので紹介して行きましょう。

おすすめ忍者モノ
千葉県エリアを始め、東京23区内の物件をお取り扱いしております船橋市の不動産といえば、弊社です! こだわりにこだわり抜いた不動産情報、お客様にお届けて致します。
お部屋探しで一人で悩まないで・・・ 近隣物件多数用意してあります、是非お気軽にお声掛けください!八尾 不動産イイ部屋さがそっ!!!!

格好良すぎる叔父さん

弦之介は不戦の約定が解かれたことを知らないまま朧に招かれて伊賀の里を訪れている中で、残っていた甲賀十人衆を一重に取りまとめていたのが『室賀豹馬』という存在だった。彼は弦之介の師でもあり、そしてよきご意見番として弦之介をサポートしている立場にあるのですが、実は弦之介と豹馬は親類の間柄にあるのです。弦之介は豹馬の姉の子供であるため、彼の忍術師としては最適として幼少時の頃に弾正によって選抜されたのです。弦之介は豹馬が叔父に当たるということを知っているかについては少し分かりかねるところとなっているためはっきりとしませんが、成長した弦之介の様子を見て豹馬は忠誠を誓うことを硬く決心するのです。

生まれたときから盲目であるため戦闘には多少遅れを取ってしまうが、夜間にだけ目を開くことで発動することの出来る瞳術を用いることでその形成を一気に逆転させることの出来る力を持っているため、事実上目が見えるものにとっては勝てる見込みがほとんどないとまで言われています。しかし逆に視力を失っているものには瞳術は効果をなさないため、形勢はかえって不利になります。作中においても最終的に目を負傷して視力を失った小四郎に討たれてしまい、弦之介の無事を祈りながらその生涯を閉じるのです。彼のその強すぎる能力のために視力を失ったが、そんな目でも弦之介の作ろうとしている未来を見るために手伝って行こうとする姿勢は、男なら憧れるものとなっています。

兄妹として

双方の陣営の中で唯一肉親関係にある者同士として如月左衛門とお胡夷の兄妹もそのエピソードは泣かせる所があります。お互いに家族として信頼しあっていることも会って左衛門とお胡夷の二人は、お互いを大事にしていました。そんな中で不穏な様子が漂う中でお胡夷は伊賀の里へ弦之介を迎えに行くのだが、その道中既に臨戦態勢へとなっていた伊賀勢に見つかってしまい、お胡夷は捕われてしまいます。妹も戻らない状況で左衛門は刑部と共に状況を探るべく動き出します。

一方でお胡夷は蝋斎から甲賀十人衆の能力を吐く様にと尋問を掛けられていましたが、蝋斎の隙をついて自身の能力である吸血能力で命を奪い窮地を脱しようとします。後から現れた陣五郎にも同様に仕掛けるが、体が溶ける能力に驚いてしまったことで離れてしまい、そこを突かれて後から現れた念鬼によって串刺しにされるのです。

そこへ夜叉丸へと扮して登場した左衛門は胸中穏やかではないところを抑えながら、兄弟間でのみ通じる合図で状況を理解する。お胡夷は死ぬ直前で兄と会えたということ、そして情報を伝えたという満足感に包まれながら息を引き取るのでした。お兄さんとしては非常にいたたまれない状況ですね、実際にその後豹馬の瞳術にかかって自らの能力によって死んだ念鬼の遺体に対してお胡夷を無念を晴らすようにして、彼の遺体を痛めつけるのでした。

左衛門はその後終盤まで活躍するのですが、最期には変装を看破されてしまい兵たちによる槍に串刺しにされながら息を引き取ってしまうのでした。最期こそ非常に悲しい結末となってしまいますが、兄弟としての情愛が描かれている左衛門とお胡夷もまたこの作品における注目すべき登場人物だといえるでしょう。

パチスロあるある

実の妹のように

伊賀においてはやはりこの人を外して話を進めることは出来ないでしょう。朧の世話役にして彼女の護衛も勤めている『朱絹』の存在は、朧にとっては彼女の存在なくして語れないほど強い信頼関係にあります。実際に朱絹も本当の自分の妹のように朧を慕っていることもあって彼女の良き相談役としての顔を持っていましたが、彼女もまた十人衆として戦いのことを知っていました。そして彼女は朧に対して罪悪感を感じながらも不戦の約定が解かれたことを伏せたまま、戦いに身を投じていくのです。

その後朧にすべての事実が知られた後、戦いが激化していく中で朱絹がどこにも行かないようにと朧は彼女にずっと側にいるように訴えるのです。朱絹もまたそんな朧の願いを聞き入れて支えて行こうとするのですが。一方で戦いの中で視力を失ってしまった小四郎に対して物語が進行していく中で一人の男として見るようになるのです。その中で少しずつ距離を縮めていくことになる小四郎と朱絹だが、小四郎は朱絹の前から消えてしまいます。小四郎を殺した甲賀が許せない、そんな感情に突き動かされていく中で彼女もまた陽炎に対して牙を剥こうとしましたが、天膳に変装していた左衛門と陽炎の策略によって命を落としてしまいます。そのまま遺体は川へと放り投げられ、朧の元へも帰れないまま彼女を一人残して死んでしまうのです。個人的に、作中で最も報われない形での最期を迎えてしまったのではないかぁと思っています。朧のことを大切に思っていたことは確かにいいですが、そんな朧の窮地に助けに入ることもないまま彼女は一人地獄への道筋を赤く染め上げていくのです。

パチスロ機としてデビュー

最新情報